副交感神経の働き

双子のルーシー > 生活 > 副交感神経の働き

副交感神経の働き

2019年2月 5日(火曜日) テーマ:生活

例えば、女性からの直接との刺激や、唇を見たり、声を聞いたり、香りをかいだり、触れたり、そして想像したりして大脳皮質が刺激されると、大脳が興奮してその刺激が脊髄を通ってエレクト神経まで届き、血管拡張物質である一酸化窒素(NO)が大量に分泌されることで、陰茎内の血管が広がって、血液が大量に海綿体に流れ込み、海綿体の静脈が締め付けられ、充血状態となって、エレクト状態を導きます。 

上の仕組みを見るとわかるように、この「副交感神経」の働きが逆に低下した時に早漏を発生させることになります。 

ではどんな状態になると「副交感神経」の働きが低下するのでしょうか?

 「副交感神経」が優位に機能している状態は通常リラックスした状態を指します。つまり逆に緊張状態や性的な刺激以外のことに集中している状態が続けば、当然「副交感神経」が機能しません。 

例えば、仕事のストレスでずっと緊張している…とか忙しすぎて心も体も休まる時がない…という状態が続きますとこの「副交感神経」は優位に機能してくれません。 



関連記事

夫は結婚した頃から気にしていました

夫は結婚した頃から気にしていました

2019年5月18日(土曜日)

相談するのもよいでしょう。

相談するのもよいでしょう。

2019年4月 2日(火曜日)

副交感神経の働き

副交感神経の働き

2019年2月 5日(火曜日)

ミューノアージュ 効果

ミューノアージュ 効果

2018年12月25日(火曜日)

自動車の査定について

自動車の査定について

2014年6月14日(土曜日)